これまでのコンクール

第4回国際オーボエコンクール・東京

課題曲

【予備審査(テープ審査)】

下記課題曲1,2,3,を全て演奏し、録音すること。

  1. J.S.バッハ ソナタ ト短調 BWV.1020より 第2楽章、第3楽章 (原曲:フルート)
  2. R.シューマン 3つのロマンス 作品94より 第2番
  3. B.ブリテン オウィディウスによる6つの変容 作品49より 第4番「バッカス」
【第1次予選】

下記課題曲3 曲を演奏すること。

  1. H.ディティユ ソナタ  第1楽章、第2楽章
  2. J. ハイドン 協奏曲  ハ長調 第 1 楽章※
  3. B.ブリテン       オウィディウスによる6つの変容 作品49より第5番「ナルシス」第6番「アレトゥサ」※
【第2次予選】

下記課題曲3 曲を演奏すること。

  1. W.A.モーツァルト  オーボエ協奏曲 ハ長調 KV. 314 (285b)
  2. 次の曲から各自、自由に1曲選択すること。
    (a) R.シュトラウス オーボエ協奏曲※
    (b) B.マルチヌー オーボエ協奏曲※
    (c) D.ミヨー オーボエ協奏曲※
    (d) B.A.ツィンマーマン オーボエ協奏曲※
  3. 次の曲から各自、自由に1曲選択すること。
      (a) A.パスクッリ G.ヴェルディ「シチリア島の夕べの祈り」の主題による大協奏曲
    (b) D.ミヨー ソナチネ
    (c) L.ベリオ セクエンツァ 第7番
    (d) K.シュトックハウゼン 友情をこめて※
【本選】

下記課題曲を全て演奏すること。

  1. J.S.バッハ ソナタ ト短調 BWV.1030b
  2. A.ドラティ オーボエとピアノのためのデュオ・コンチェルタンテ

  1. 上記の課題曲のうち協奏曲(※印)は暗譜にて演奏することが望ましい。
  2. 無伴奏曲を除き全てピアノ伴奏を原則とする。但し、本選の1.の曲は、チェンバロ伴奏も可とする。
    チェンバロ機種名=アトリエ フォン ナーゲル社製(旧名 ウイリアム ダウド パリ)フレンチダブルマニュアルハープシコード、ブランシェ1730年モデル
    (調律ピッチ A=442)
  3. 第2次予選の自由選択課題曲は参加申込書に記入すること。