第2章 チャルメラ、篳篥、そしてオーボエ。

オーボエの遠い祖先、そして親戚たち

「自分はチャルメラ吹きですから〜」

 などと謙遜して語る人がいたら、それはプロでもアマチュアでもオーボエ奏者に間違いありません。音色までそっくりかどうかは腕前によりけりですが(失礼!)、音が出る仕組みの点で、チャルメラとオーボエは親戚にあたります。分類上の名称はダブルリード属。発音にまつわる物理的現象の説明は音響学の本におまかせするとして、試しに薄いメモ用紙を2枚重ねて、唇の間にそっと挟んで息を吹き込んでみて下さい。思いのほか高い振動音がビーッと響くはず。ごく簡単にいえば、これがダブルリードの原理です。

 古代ギリシャで各種の儀式に用いられていた葦笛のアウロスもダブルリード属の楽器。オーボエの遠い祖先にあたります。目を中東に向ければ古代ペルシャにソルナという、先端部分が大きく弧を描いてふくらんだ楽器が存在していました。これが歴史を下ると共に近隣地域へ伝わり、たとえばトルコなどの西アジア諸国ではズルナ、インドではシャハナイ、中国ではスオナの名のもと、民族楽器として居場所を見出していきます。

 かたや日本にも、固有の進化を遂げたダブルリード属の楽器があります。雅楽の世界でおなじみですね。燻した竹材で作る管体に舌(ぜつ)と呼ばれる葦製のリードを差し込んで演奏する、篳篥(ひちりき)。その舌の原料となる葦の産地はごく限られており、琵琶湖周辺や淀川近辺(特に"鵜殿のよし原"と呼ばれる一帯)でしか良質のものがとれません。某演奏家から聞いた話では、同地から取り寄せた葦でオーボエのリードを作ってみたところ、「何とも形容のできない音がした」とのこと。まさに所変われば品変わる……。

オーボエの誕生

 話をチャルメラに戻しましょう。この呼び名は16世紀後半にポルトガル人が日本に伝えたチャラメラという楽器に由来し、それが相前後する時期に中国から入ってきたスオナにもあてはめられたという次第。そのチャラメラの語源にも諸説ありますが、最も有力なのは"葦"を意味するギリシャ語"カラモス"、ないしはラテン語"カラムス"に基づくというもの。

 やはり同じ言葉から派生したショームという名称を抱くダブルリード属の楽器が、13世紀頃からヨーロッパ各地で軍楽隊やダンス音楽のコンソート(合奏体)に用いられていました。十字軍の遠征を契機として中東の地からもたらされたソルナや、トルコのズルナからの影響を受けて成立し、発展を遂げたショーム。これがオーボエの直接的な祖先とされる存在です。ちなみにオーボエに地位を明け渡してからもショームは消え去ってしまったわけではなく、その原型をとどめたままキーを装備するなど改良の手を加えた楽器が、スペインなどでは今なお民族楽器バンドで活躍したりしています。

 最初のオーボエがいつ世に送り出されたか、その日付までは残念ながら詳らかでありません。17世紀中頃に産声をあげていたのは確かで、その誕生に大きな貢献を果たしたのが、フランスで活躍していた演奏家=楽器製作者のフィリドール一族とオトテール一族。甲高く大きな(haut)音のする、樹(bois)で作られた楽器という意味のフランス語"オーボワ"が、新しい楽器の名前として他国にも波及したのも(イタリア語や英語のオーボエもそれが元になっている)、当然のなりゆきでしょうか。

コンセルヴァトワール式の浸透

 かくして18世紀初頭には、今日の呼び名でいう“バロック・オーボエ”が広く普及。それ以前の弦楽器主体のオーケストラにいち早く定位置を占め、バッハやテレマンやラモーなどの大家が多くの作品で活躍の場を与える、木管楽器の花形的存在となるに至りました。リードを装着して左手で指孔を押さえる上管と、右手で指孔を押さえる下管、そしてベルの3パーツで管体を構成する点に関しては、今日に至るまでオーボエの基本的なデザインとして変わることがありません。キーは当初のうち右手小指で操作するものが唯一でしたが、いわゆる古典派の時代を経て19世紀に入る頃から次第に追加され、急速なパッセージや半音階的な楽句を滑らかにこなす機動力も増していきます。

 機械工作技術も飛躍的に進歩を遂げる19世紀中葉から後半にかけての時期は、キー・システムの改良に様々な製作者が取り組んでいました(これは他の木管楽器にも共通することですが)。中でも大きな業績を上げたのは、やはりフランスの楽器工房トリエベール。彼らが1872年に特許を取得した"トリエベール第6式"によって、現在では世界的にスタンダードとなっているオーボエの基本的なシステムが確立されました。フランス随一の音楽教育機関にあたるパリ国立高等音楽院でも、1881年から教授をつとめたジョルジュ・ジレが、このシステムをベースに設計された楽器の導入に尽力し(1882年には上記の"第6式"に部分的改良を加えたモデルをオーボエ科のクラスで正式採用)、それにちなんだ"コンセルヴァトワール式"という呼称も一般的なものとして定着を見ています。

 フランスと並ぶ音楽大国ドイツでも独自に開発の道を歩んできた"ジャーマン・モデル"のオーボエはあったのですが、操作性と音質の柔軟性において旗色が悪く、20世紀に入ると徐々に姿を消してしまいます。ドイツのオーケストラで最初にコンセルヴァトワール式を吹いた人物は、パリに留学してベルリンで活躍し、1907年から同地の音楽大学で教鞭をとったフリッツ・フレミング。指揮者=作曲家として影響力の強かったリヒャルト・シュトラウスが彼の演奏を賞賛し「みんながこのオーボエを使うべきだ」と語ったのも周囲を感化すること大だったようです。そして実際、その後の音楽界の動きはシュトラウスの言葉どおりになったものの、唯一の例外となった場所が彼と極めて関係の深い音楽の都ウィーンだったのは若干の皮肉というべきかもしれません。その楽器"ウィンナ・オーボエ"にまつわる話題は、また別の機会に……。

木幡一誠(Issay KOHATA)
音楽ライター。1987年より管楽器専門誌「パイパーズ」で取材・執筆にあたり、現在は各種音楽誌のインタビュー記事、CDやコンサートの曲目解説執筆およびレビュー、さらには翻訳と幅広く活動中。