第11回 国際オーボエコンクール・軽井沢

公式伴奏者

野澤 知子 Tomoko NOZAWA

英国王立音楽院ピアノ科、東京芸術大学古楽科修士修了。その後フランス・ストラスブール及びパリ市立高等音楽院クラヴサン科にて満場一致栄誉賞付き最優秀演奏国家ディプロムを取得。第17回山梨古楽コンクール第1位、ブルージュ国際コンクールディプロマ賞。文化庁芸術家在外研修員。鈴木雅明、N.スピート、C.ルセに師事する。2005、15年フランスクラヴサン協会より活躍する若手演奏家として招聘される。D.スターン指揮「Opera Fuoco」等、ヨーロッパの古楽オーケストラにて、バロックからモーツァルトまでの通奏低音奏者として活躍する。2014、15年「レ・タランリリック」(C.ルセ)オペラ製作研修員。東京にて2012、14年ラモーのオペラ「プラテ」、2015年「優雅なインドの国々」をチェンバロと指揮する。帰国後も毎年フランスでの演奏を続けており、日仏を繋ぐ古楽アンサンブル「カンパニー・デュ・トリアノン」、チェンバロユニット「6 Mains 8 Pieds シマンウィピェ」を主宰する。

http://fayette.exblog.jp/i2/