第11回 国際オーボエコンクール・軽井沢

オーケストラ

群馬交響楽団 Gunma Symphony Orchestra

 1945 年、戦後の荒廃のなかで文化を通した復興を目指して「高崎市民オーケストラ」が創設され、 翌年 「群馬フィルハーモニーオーケストラ」、 1963 年に「群馬交響楽団」と改称して現在に至る。2013 年には公益財団法人に移行した。

 1955年、「群響」をモデルに制作された映画「ここに泉あり」が公開され、全国的に注目を集め、翌年には文部省により群馬県が全国初の「音楽モデル県」に指定された。さらに1961年、市民の全面的な支援を受けて高崎市に群馬音楽センターが建設され、これを拠点としてさらに幅広い活動が展開された。また、1947年5月に始めた移動音楽教室では、2009年度までに延べ600万人以上の児童・生徒が鑑賞しているのをはじめ、県内各地での演奏活動の展開により、群馬県の文化の象徴として県民から幅広く支持されている。

 1994年には「プラハの春国際音楽祭」、 「ウィーン芸術週間」 から同時に招待を受け、 音楽監督・高関 健指揮のもと4か国を巡る海外公演を実現。翌年の創立50周年には 東京および群馬県内各地でベートーヴェン交響曲連続演奏会を行ったほか、50周年記念委嘱作品《オーケストラのための遠景Ⅱ》(細川俊夫作曲)を東京・群馬で初演し、高い評価を得た。

 2003年5月には第400回定期演奏会を迎えるとともに、同年10月にはNHKテレビ番組「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」で楽団の草創期が紹介され、全国から注目された。最近では、定期演奏会、移動音楽教室など地域に根ざした活動や、レコーディング、文化庁の本物の舞台芸術体験事業をはじめとして全国各地での演奏活動も積極的に行っている。

 2013年からは、新たな音楽・舞台芸術シーンを牽引する大友直人氏が音楽監督に就任し、楽団の今後の活動展開が期待されるほか、2014年には定期演奏会が500回、2015年には創立70周年という節目を迎える。